現状報告的な その2

またまたお久しぶりです。 2018年も半分近く過ぎてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。 本当に今更ですがwすみません。 更新をサボっていた期間も相変わらず模型を作ったり放置したりして過ごしておりました。 今はKATOの鋼体化客車を少し加工しています。 加工はほぼ妻面だけです。裾の変な切欠きをプラ板…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

E34特別列車に乗ってきました

超絶お久しぶりです。 西武から来たE31形電気機関車が大井川鐵道でようやくデビューということで、15日に特別列車が運転されましたので乗ってきました。E31牽引の列車に乗れる機会もなかなか無さそうで、これは貴重な経験でした。 西武の機関車ということで昔走ったE851牽引の12系をつい思い出しましたが、あの列車に乗れなかったことは今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スハフ42(アルミサッシ車)の製作 その4.5

かなりお久しぶりですが、製作中のスハフ42です。 いつものように、いさみやのカラープライマーを吹き付け。五日くらい乾燥させてから表面仕上げ。 と、ここまでは良かったのですが・・・。 青15号を塗ったんですが、これが失敗。 薄く多層掛けしたんですが、その層がところどころで剥離してしまい修正は困難な状…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

KATO オハ61購入

キングスのキットをかなり積んでいるのでKATOの客車はスルーするつもりでしたが、店頭に並んでいるのを見て今更ですが思わず買ってしまいました。いろんな意味で、KATOの旧型客車だなぁという感想を持ちました。 妻面の丸管縦樋が良いですね。私がこの製品を欲しくなった一番のポイントがここですw 側面の雨樋は相変わらず、うーん・・・といった感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトロ花めぐり号に乗ってきました

4月15日と16日に仙台~郡山でED75牽引の旧型客車列車が運転されましたので二日間往復で乗ってきました。 今回は スハフ42 2173 オハ47 2246 オハ47 2261 オハ47 2266 スハフ32 2357 という5輌編成。牽引は二日間とも757号機でした。 今までに乗ったレトロこまち号、レトロふくしま花見山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

現状報告的な

またまたお久しぶりになってしまいました。 珍しくお出かけではないテーマですw スハフ42と並行して製作していたオハ46ですが、やっと塗装に入れる状態までたどり着きました。 なんだかんだでちょっと苦労しましたねぇ・・・。妻面の縦樋はもう少し厚みが欲しかったのでモールドを削って帯材を貼っていますが、何度もやり直してしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年ですわよ

もう1月も下旬ですが・・・w いろいろありまして、かなりお久しぶりになってしまいました。 年末年始に青森に行ってきましたので、生存報告がてら乗った列車の画像でもちょっと貼ろうかと思います。今更ですけどねw 今回はリゾートしらかみに乗りたかったので、こまちでまずは秋田へ向かいました。 E6系は最近の新幹線車輌の中で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レトロ会津まつり号に乗ってきました

またもやお出かけ記事ですがご容赦を。 模型製作は現在ドツボに嵌っておりまして全く進んでないんです。 しかもこのお出かけ自体は一週間前の出来事という・・・w 9月24日と25日に郡山~会津若松で旧型客車列車が運転されましたので25日に乗ってきました。 今回はスハフ42とオハ47のみの編成。5号車指定で取っていたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快速あいづに乗ってきました

583系の快速列車が郡山~会津若松で運転されましたので16日に乗ってきました。 指定券がなかなか取れず苦労しました。大人気ですね。客車に乗るためのお出かけは年に何回もしていますが、電車にわざわざ乗りに行くというのはかなり久しぶりです。7年くらい前に485系雷鳥に乗りに行った時以来かなぁと。 583系に乗るのは初めてでした。以前ははつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スハフ42(アルミサッシ車)の製作 その4

なんだかすっかりお出かけブログと化してしまいましたね。 「製作記が中心になるかと思いますが」なんてブログトップに書いてあってちょっと悲しくなりますけど・・・w まぁ、早く模型作れよって話なんですが。 ステップやら貫通扉の把手やら妻まわりのディテールを付けていきます。トレジャータウンやBONAなどのパーツを適当に使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道博物館に行ってきました

今更ですが24日に行ってきました。開館からもう何年も経ってますが行ったのは初めてです。東京から近いしその気になればいつでも行けたんですけどね・・・。中央の転車台にEF55が展示されていて、一日二回回転実演があります。EF55って流線型が流行った時代の異端機関車という認識しかなかったですが(ファンの方ゴメンナサイ)こうして見るとなかなかカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ELレトロ福島号に乗ってきました

横浜から郡山まで旧型客車に乗るというびゅうの団体列車ですが運良く取れましたので4日に乗ってきました。横浜から黒磯まではEF64 1052牽引。あけぼのや北陸で何度もお世話になった機関車なので長岡所属のイメージが強く、[高]の区名札は新鮮というか違和感というか・・・。客車はオハニ36以外の6輌でした。 15分ほど走って新…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スハフ42(アルミサッシ車)の製作 その3

模型製作の記事としては3ケ月ぶりとなります。 相変わらず遅々として進まないスハフ42です。 前回どこまで書いたかすっかり忘れてましたけどw車体のハンダ付けが終わったところですね。 とりあえずデッキ扉まわりの隙間や後位側妻板の接合部などを瞬着パテで地道に消していきます。この時点で隙間を完全に消すのは意外と大変なのであ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レトロふくしま花見山号に乗ってきました

仙台~福島でED75牽引の旧型客車列車が運転されましたので16日と17日に乗ってきました。今回はヘッドマークが付かなかったのが良いですね。サボのデザインもなかなか渋いです。 客車の写真は昨年10月のレトロこまち号でかなり撮ったのと仙台や福島では撮影しづらかったのもあり、あまり撮っていません。純粋に乗ることを楽しむために行った感じです。…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

はまなすに乗ってきました

最後の定期客車夜行列車であり、最後のJR定期急行列車であり、最後の14系24系定期列車であり・・・とまぁいろいろと最後な急行はまなすですが、3日発の201列車と4日発の202列車に乗ってきました。はまなすに乗るのはこれで5回目と6回目です。この列車は21日発を最後に廃止されますが、廃止される月のこのタイミングで乗れたのは幸運でした。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スハフ42(アルミサッシ車)の製作 その2

この週末は急行はまなすラストランの発売日でしたが、やはり瞬殺だったようですね。最終日は自由席が無いそうですので、指定券を取れた方はおめでとうございます。 私はというと、はまなすには3月上旬に乗ってきますので今回の争奪戦には参加しておりませんw同じく廃止になる特急白鳥もきっと一瞬で完売になったんでしょうね。 カシオペアはツアー列車とし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スハフ42(アルミサッシ車)の製作 その1

2016年一発目の更新です。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 青い旧型客車もたまには作りたいなと思いまして、スハフ42の製作に入りました。 スハフ42のうち、昭和45年度からの体質改善工事を受けて客室窓アルミサッシ化、便洗面所窓Hゴム支持化された車輌を作ります。 製作中だったスハ50はもう塗装に入れる状態なん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オハネ25 211(盛アオ)

前回ご紹介したオハネ25の完成状態です。 オハネ25 211(盛アオ)実車は昭和52年新潟鐵工製です。超絶どうでもいい話ですが、私と同い年だったりします。 平成6年に品川から青森に転属になっています。青森転属後は寝台特急あけぼのや日本海などで活躍しました。 カーテンはエヌ小屋のをそのまま使用しました…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

KATO オハネ25の加工

先月ですが急行はまなすに乗ってきました。往復乗ってきましたが、おそらくこれが最後の乗車でしょうね。 日本の客車列車も随分と減ってしまいました・・・まぁ仕方ないことなのかもしれませんが。客車業界にとっての明るい話題と言うと、やまぐち号の新車くらいですかね。 そういえば東武鉄道が蒸気機関車を走らせるようですが、何を牽かせるんでしょうか・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レトロこまち号に乗ってきました

かなりお久しぶりになってしまいましたが、まぁ生存報告も兼ねまして・・・。 奥羽本線全通110周年ということでED75牽引の客車列車が運転されましたので11日に乗ってきました。 区間は秋田~横手ですが東京から新幹線で行くと朝の秋田発には間に合わないので、上り列車は仕方なく大曲からの乗車。あけぼのがあれば秋田発の時間に余…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

TOMIX製EF62購入

早速買ってきました。第一陣として国鉄仕様を2輌とJR仕様を1輌。好きな機関車だしいろいろとやりたいこともあるので今後もさらに増えると思います。 加工と再塗装を行う予定なので付属パーツは何も付けていない状態ですが・・・造形はかなり良いと思います。 車体は運転台側面窓の下の部分だけ青の色調が異なり、見る角度によっては結構…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スハ50 1~の製作 その4

ちょいと忙しくなりまして、いろいろと万策尽きそうな状況です。まぁ更新が遅いのは今までもそうだったのですが・・・w 快速海峡がリバイバル運転するそうですね。思い入れのある列車なので是非行きたかったのですけどねぇ・・・。 プライマーまで吹きました。毎度同じいさみやのカラープライマーです。表面の状態が分かり易いよう少し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スハ50 1~の製作 その3

マイクロエースから急行彗星が発売されるようですが、価格が凄いことになってますね。おそらく以前出ていた製品の焼き直しですが、基本増結合わせて定価で7万越えとかw 完全新規でキングスホビー並の造形ならちょっと考えてしまうかもですが、良いとは言えない出来なのに常軌を逸したこの価格・・・どんな人が買うんでしょうね? ま、大きなお世話ではあり…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スハ50 1~の製作 その2

JR西日本がやまぐち号用に旧客風の客車を新製するそうですね。客車業界にとっては久しぶりに明るい話題です。 あくまで旧客を「それっぽく再現する」ということみたいですが、それぞれモデルとなる車輌がいるようですね。オハ31モデルの車輌はどの辺がオハ31なのか、また形式はどのようになるのか、興味は尽きませんね。 続きです。 妻…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スハ50 1~の製作 その1

ようやく落ち着いてキットを組める状況になりました。 積まれたキットの山から何を作ろうか考えておりましたが、今回はスハ50を製作したいと思います。スハ50はスロハ31とスロハ32からの格下げ車ですが、そのうち二重屋根でリベットが多いスロハ31最初期のグループを作ります。 なぜスハ50にするのかは、スロハ31のキットが3個あるからという…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三鷹の旧型国電

お久しぶりです。 部屋が超絶寒かったり腰が痛かったりハンダゴテがお亡くなりになったりしてキット製作をサボっておりますが(昨年の今頃もこんな言い訳を書いた気がしますw)、4年前の震災で破損したまま放置していた車輌があったのを思い出したので引っ張り出して修復してみました。ちょっとお恥ずかしい出来ですがせっかくなので晒したいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

オハ41 2002(仙フク)、スハフ42 2401(仙フク)

昨年末に作業は終わっておりましたが、ようやく完成報告です。 オハ41 2002(仙フク)実車はスロ30985として昭和14年に日本車両で製造され、その後は称号改正でオロ36 26、電気暖房設置でオロ36 2026、三等格下げでオハ55 2126となり、通勤車化改造でオハ41 2002になりました。廃車は昭和56年で最終配置…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

青森に行ってきました

あけましておめでとうございます。 相変わらずグダグダなブログではありますが、今年も宜しくお願いいたします。 年末年始に青森に行くのがいつの間にか恒例になってしまいましたが、今回も行ってきました。 下りあけぼのが取れなかったので往路は12/31朝の新幹線で。あけぼのに乗った風な画像ですが青森駅に入線してきたのを撮っただけ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オハ41 2001~の製作 その4

今更ですがKATOからEF71やED78、50系客車、TOMIXからEF62や急行能登が製品化されますね。その前に12系客車もあるので来年前半は凄いことになりそうです。 EF62は側面の明かり取り窓をどう表現するのか楽しみではあります。実物の窓はFRP製でそもそも綺麗な透明ではなく、しかも汚れまくっていたのでKATOのようなモールド表…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

北斗星に乗ってきました

5日発の1列車に乗り、そのまま6日発の2列車で帰ってきました。 乗ることが目的とはいえ、我ながらかなりオカシイと思いますw北斗星の乗車はこれで4回目と5回目。上りは昨年も乗りましたが下りに乗るのは25年ぶりくらいです。あけぼのに乗る時はよく早めに上野駅に行って発車を見送っていたのでEF510は見慣れましたが、今回はあまり見る機会の無い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オハ41 2001~の製作 その3

あけぼの冬臨が発表されましたが、かなり運転日が減りましたね。ここ数年は毎回あけぼのに乗って年越ししていたので大晦日の運転が無いのも残念です。このまま来年春以降は消えてしまいそうですね。 相変わらずブルートレイン乗りたい病なので来週ちょっと北斗星に乗ってきますが、定期列車としてはこれで最後の乗車になるかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オハ41 2001~の製作 その2

真鍮キットを組んでいると指先に10円玉のような匂いが付いてしまいなかなか落ちなくなります。 嫌いな匂いではないのですが、無意識のうちに指先を嗅いでしまう癖がつきそうでちょっと怖いですw さて、あまり進んでませんが続きです。オロ36は少し古いキットだからか車体幅が僅かに大きいです(0.2mmほど)。車体幅は完成してしまえば…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オハ41 2001~の製作 その1

だいぶ涼しくなりましたね。 何を作ろうか考えていたら9月も後半になってしまいましたが、以前からヨンサントオ頃の東北本線通勤列車をやりたいと思っていたのでとりあえずオハ41を作ることにしました。 オハ41は二等車から改造された通勤型客車をまとめた形式で出自の違いにより形態は様々ですが、今回はオロ36からの改造車を製作します。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フォルクスワーゲン Typ82E

客車を製作しようにもどうも集中力が続かないので、こんなものを作ってみました。 タミヤの1/48です。結構小さいです。 民間の乗用車を作るのは初めてでしたが、ピカピカに仕上げるのって難しいですね。 自動車に関する知識は皆無なので素組ですが、たまには専門外のことをやるのも新鮮で良いです。 秋水と並べてみました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トミックス24系「さよならあけぼの」セット その2

前回の続きです。 オハネフ25 202微妙な折妻の200番代です。 窓下2本の金帯はモールドの上に金色が入ってますが、モールドの無い部分にも帯が通しで入っているため違和感があります。カトーのカニ24 511もこんな感じでしたが、全ての金型をイチから起こせるわけではないので仕方ないのでしょうね。 幌吊りは相変わらずありません…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トミックス24系「さよならあけぼの」セット その1

早速購入しました。いつものさよならセットという感じでなかなか良い出来です。 新製品レビューと言えるほどではありませんが、サラッと軽く書いてみます。 カニ24 102外付縦樋が特徴的な車です。 縦樋はそつなく表現されています。 どうせなら手摺も別パーツに…と思ってしまいますが、これくらいは自分で加工するとします。 青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スハ43 → スハフ42 2401

前回加工したスハ43を福島に居たスハフ42 2401にしてみました。 緩急車化といってもこの2401~2404のグループは車掌室窓が改造されておらず1000mm窓のままなので、妻板を少し加工するだけで簡単に出来ます。 後位側妻面。 尾灯やステップなどの位置はキングスのオハフ61 1001~の妻板からほぼそのままトレースして…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トミックス製スハ43の修正加工

トミックスの旧型客車は印象把握もなかなか秀逸で雨樋など細部の表現も繊細で良いのですが、デッキ扉で台無しになっていますね。 とはいえ妻板のすげ替えと屋根絞り修正が必要な丸屋根車と違って切妻車は簡単な加工で直せますので(鋼体化客車は車体長を気にしなければ、ですが)、今回はスハ43をそれなりに加工してみました。 まず扉部分の内板を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オハ35 2371(秋ヒロ)、オハ61 2579(仙フク)

ようやく完成しました。大した作業でもないのに行ったり来たりして完成が遅くなるのはいつものことです。 オハ35 2371(秋ヒロ)実車は昭和16年大井工場製。この時期は様々な形態の変形車が登場しましたが、そのうちこのノーシルノーヘッダー車は割とよく知られた存在だったそうです。 同じ時期には電車も多くの変形車が製造されました…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その7

標記を入れクリアー吹き付けまで終わりました。 完成まであとちょっとですね。 わずかにカブリが発生したので修正しておきました。普通の塗料ならレギュレタで圧を下げて薄く多層掛けで対処できるのですが、やはりクリアーだけは梅雨時には厳しいですね。インレタはレボリューションファクトリーを使用しています。 妻の標記入れはとくに苦手ですが、まぁ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その6

前回もちょっと書きましたがプライマー塗りに失敗したようで、暫しこちらを放置して別の物を作っておりました…。 いつものようにブラスクリーンで洗ってクレンザーで磨いてガイアのマルチプライマーを吹いたんですけど、オハ35のほうは塗膜が車体裾から剥がれてきやがりまして…。 同じように作業したオハ61は全く問題無かったんですが…何ででしょう?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BT-7 1937年型

客車のプライマー塗りに失敗して心が折れたのでちょっと気分転換にと作ってみました。 気分転換の手段がやっぱり模型というのが呆れてしまいますがw タミヤのBT-7です。 戦車を作るのはものすごく久しぶりですが、タミヤもこんな戦車をキット化してたんですね。最近のキットらしくとても組み易かったです。完全に素組みで製作期間は10日ほど。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その5

こんばんは。 「大型連休って何ですか?」状態ですが、めげずに進めてまいります。 実は屋根を付ける直前までどの車にするか決めてなかったのですが、今回は弘前にいた晩年のオハ35 2371にします。 東北配置の車らしく晩年(おそらく昭和50年頃以降)は屋根端の踏板が撤去されていますので取付穴を埋めておき、またキャンバス押さえと漏斗の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その4

こんばんは。 またちょっと久しぶりになってしまいましたが、屋根を付ける前に床板を片付けます。 キングスのキットの大半はプラの床板が付いてますが、これがかなり反っていますので矯正しつつ1mm真鍮角棒を接着しています。 また台車はKATO製を使用するため床板にビス留め出来るようエバーグリーンの3.2mmプラパイプを2.5mmほど出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その3

寝台特急あけぼの、とうとう最後ですね。上野駅は凄い状況になっていたことと思います。 まぁ臨時でしばらくは残りますが、いつまで走るでしょうか…。 今思うと、数多くの機関車に牽引された列車でしたね。少し貼ってみます。 EF65 1000番代とED75の写真も探してみましたが見つかりませんでした。民営化後しばらくは車内通路側にラック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その2

お久しぶりです。 なかなか時間が取れなかったり部屋が超絶寒かったり体調を崩したりHDDが死んだりと製作や更新がままなりませんでしたが、またぼちぼち進めてまいります。 さて、完成した側板に仕切をハンダ付けし、箱にします。 直角と平行を出すよう注意しながらサクサク組みます。 デッキ上部の雨樋を曲げます。 曲げる際に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その1

もう1月5日になっちゃいましたが… あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 年末年始に寝台特急あけぼのに乗ってきました。 あけぼのはブルートレインの中でも特に好きな列車で数十回は乗りに行ってますが、やはり何度乗っても良いものですね。 定期廃止まで数ヶ月ですがあと一回くらいは乗…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スハフ32 2357(仙コリ)、オハ35 2507(仙コリ)

秋ごろからチマチマと製作してきましたが、ようやく完成しました。 2輌ともキングスのキットを組んだものです。 スハフ32 2357(仙コリ) 今も現役のスハフ32の郡山時代です。便洗面所窓は更新窓枠、屋根端のステップ無し。電池箱が大型なのが特徴といえば特徴です。 台車とベンチレータはKATO製、KATOのベンチレー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

開設しました

始めてみました。 自己紹介代わりと言ってはナンですが、いくつか作品を貼ってみます。 マニ36 204(広セキ) キングスホビー製キットを組んだものです。キングスのキットが好きで、作るキットの大半はキングス製です。 このマニ36(オロ40改)は組みやすくて少し難しい、やり甲斐のあるキットでしたね。 マニ60 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more