オハ35ノーシルノーヘッダー車の製作 その4

こんばんは。

またちょっと久しぶりになってしまいましたが、屋根を付ける前に床板を片付けます。
キングスのキットの大半はプラの床板が付いてますが、これがかなり反っていますので矯正しつつ1mm真鍮角棒を接着しています。
また台車はKATO製を使用するため床板にビス留め出来るようエバーグリーンの3.2mmプラパイプを2.5mmほど出す感じで接着します。
車端にあったテールライトユニット取付け部は取り去ってますが、これはあまり意味がなかったですね。
画像



室内は私の場合あまり拘ると完成しなくなってしまいますが、とりあえず背摺は見えてほしいので座席パーツ(これもキングス製)くらいは付けています。
このまま取り付けると少し低いので0.3mmプラ板で嵩上げしてから接着しています。
画像



オハ61の場合は座席ピッチが小さいのでまず床板を正確な位置に仮固定し、座席を一つずつ切り離してから窓位置に合わせて接着していきます。
キットの説明書に座席接着位置の寸法も書いてありますが、ノギスで測りつつ付けるのも面倒なのでいつもこの方法です。
画像
あとは床下機器を並べればとりあえず終了です。
仕切りは塗装後に取り付けます。
鋼体化客車、ずいぶん窮屈そうですね。


ではまた。

この記事へのコメント

2014年04月18日 15:53
私のブログ来訪

気持玉ありがとうございました

(*^_^*)

書き直しますね

文章無くて画像だけだったみたいだから‥

ごめんなさい

(>_<)


私も模型記事を書きますね

(*^o^*)/~
2014年04月18日 16:00
~NORINKO~様

コメントありがとうございます。
いえいえ、画像楽しかったですよ。思わず笑ってしまいましたw

模型記事楽しみにしてますね。また伺います(・∀・)

この記事へのトラックバック