オハ41 2001~の製作 その2

真鍮キットを組んでいると指先に10円玉のような匂いが付いてしまいなかなか落ちなくなります。
嫌いな匂いではないのですが、無意識のうちに指先を嗅いでしまう癖がつきそうでちょっと怖いですw



さて、あまり進んでませんが続きです。
画像
オロ36は少し古いキットだからか車体幅が僅かに大きいです(0.2mmほど)。車体幅は完成してしまえば全くわかりませんが、雨樋部分に段差が出来やすいので調整を慎重に行っています。妻板自体は正しい角度でデッキ扉がハンダ付け出来ていればピタリと嵌ります。
妻板を接着したら雨樋の段が綺麗に繋がるように整形してやります。



画像
キングスのプラパーツは精度が良くないので妻と屋根も慎重に合わせてやります。
屋根端の踏板は正方形のタイプと長方形に見えるタイプがあるようですが、今回は正方形っぽいのでボナファイデのP-138を使っています。これを正しい角度で接着するのは意外と面倒で、何度かやり直しています。

毎回思いますが、キングスの妻板は造形がとても秀逸で屋根のRも絶妙ですね。カトーやトミックスの丸屋根車が致命的にアレな出来なので妻板をこちらにすげ替えたくなりますが、キングスの廃業でプラパーツも入手難かもしれません。



画像
床板は前回と同じ、というか毎回同じでプラパイプで台車をビス留め出来るようにしておき、床板裏側に真鍮角棒を仕込んで反りを矯正しています。
車軸発電機は違うタイプなのでどうしようか考えましたが、とりあえずキットのままで行きます。







モデルアイコンの意外と長いスニ40は来月あたり発売でしょうか。プラキットは久しぶりだしワキ8000用のオマケパーツもあるとのことなので楽しみにしていますが、また積みキットが増えてしまいますね。
すでにキングスの客車キットだけで300個ほど積んでしまってますが、このままの製作ペースだとあと200年くらい生きないと全てを完成させることは出来ないと思いますw

ではまた。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2014年10月07日 12:34
こんにちは。
02㎜の差なんですか?小さなものなのでその違いはきっと大きいのでしょうね
それでも慎重な調整でぴたりと嵌めてしまうのはきっと技術が優秀って事なのでしょう。
300個のキット完成に200年掛かるのですか、積み上がったキットを見てはにんまり~なんでしょうね。。。


2014年10月10日 00:18
きょんたんさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

0.2mmの差、片側で0.1mmですがこれだけの段差でもやはりあると目立ってしまいますね。まぁ合わせるのは雨樋部分だけなので何とかなってしまうのですけどね。
技術が優秀…だと良いのですけど、ただ単に誤魔化しているだけです。
客車が300輌のほかに機関車、電車や飛行機、戦車なども積んでおりまして…たしかににんまり~なのですが、スペースの取り過ぎで生活に少なからず支障が出ていますw
2014年10月18日 22:51
お邪魔します。
何だかワクワクな私。完成を楽しみにしてますね
(^。^;)
2014年10月19日 00:37
~NORINKO~さん、どうもお久しぶりです。
コメントありがとうございます。

完成は年末か年明けくらいになってしまいそうですが...w製作頑張りたいと思います。
またそちらにも伺いますね(・∀・)

この記事へのトラックバック