オハ41 2002(仙フク)、スハフ42 2401(仙フク)

画像
昨年末に作業は終わっておりましたが、ようやく完成報告です。



オハ41 2002(仙フク)
画像
画像
画像
実車はスロ30985として昭和14年に日本車両で製造され、その後は称号改正でオロ36 26、電気暖房設置でオロ36 2026、三等格下げでオハ55 2126となり、通勤車化改造でオハ41 2002になりました。廃車は昭和56年で最終配置は秋田です。


画像
スハ32などの二重屋根客車と編成を組ませて昭和43年頃の列車をやりたかったので福島客貨車区(仙フク)時代にしました。定員標記はNゲージのサイズだとよくわかりませんがとりあえず数字は三ケタにしたかったのでここだけクハ103のインレタから持ってきています。
このオハ41 2002は秋田転属後に屋根端の踏板が撤去されています。またデッキ下の足掛は最後まで付けられなかったようです(オハ41 2001は屋根端踏板は撤去されず足掛は付いていました)。


画像
ベンチレータが多い(9個)のと車軸発電機が新型なのでいかにも元優等車っぽいのですが、車内がスカスカなのが大窓からよくわかり、ちょっと寂しい印象ですね。通勤型客車はこの落ちぶれた感じがまた良いのですw

そういえば何処だかのオハ41が臨時急行に組み込まれて上野まで来たことがあるという話を聞いたことがありますが、本当なんでしょうか?
ちょっと信じ難いのですが、どうせ床に寝るのならこれはこれでアリかもしれません。



スハフ42 2401(仙フク)
画像
画像
実車はスハ43 360として昭和29年に汽車会社で製造され、電気暖房設置でスハ43 2360に、昭和41年に緩急車化改造されスハフ42 2401になっています。廃車は昭和58年で福島が最終配置でした。
この車も福島ですが昭和43年時点での配置は尾久です。上のオハ41と編成を組んだことがあるかはわかりません。


画像
TOMIX製スハ43からの加工ですが、キングスの客車と繋げてもそれほど違和感は無いかなと個人的には思います。窓枠を塗るのと車内の加工は少し面倒でしたが、元の製品に大きなエラーは無さそうなので数を揃えるのならキットを組むよりは楽で良いかもしれません。
やはり車内の手ブレーキハンドルはそれなりに目立ちますね。


というわけでたった2輌ですが完成しました。ミスはそれなりにありその修正に時間を取られたというのは相変わらずですね。もう30年くらい模型やっているんだからそろそろ慣れろよと思いますが・・・。
次は荷物車にしようかブルートレインをやろうか、たまには電車でも・・・とか考えてますが、この考えてる時間が一番楽しかったりしますねw
ではまた。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2015年01月17日 00:40
こんばんは、、いつもありがとうございます。
完成しましたね、、素晴らしい!!、、これが引かれている姿をぜひとも見たいものです。
牽引する機関車はSLですか?
車両加工に一つ、ポチっとしときましたよ。
2015年01月17日 01:12
OTSUKYONさんこんばんは。
こちらこそいつもありがとうございます。

ようやく完成しました・・・長かったなぁw
東北本線なので牽引機は主にED75を考えております。私にとってほとんど縁の無い機関車ですが、ED75は何故か個人的に大好きなわけでして・・・w
それなりに編成組めるようになったら機関車も加工して列車として画像を上げたいと思います。

ポチっとありがとうございます。製作の励みになります。
2015年01月17日 05:44
うんさん、こんにちは。
いや~。
ついに完成しましたね~(^o^)丿
私も手作りをいろいろやってますが、行き当たりばったりなので、子供の工作の域を脱してません(^^ゞ
うんさん、次はSLなんかどうですか~?
2015年01月17日 20:33
やっちゃんさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

ついに、ついに完成しました・・・w
いやぁ私も行き当たりばったりなので時間掛かってしまいましたがw
やっちゃんさんのブログを拝見しますといつも工作を大変楽しんでおられるのが感じられ素晴らしいと思います。私もかなり参考になっております。

蒸機ですか・・・構造が複雑ですし実物をよく知らないので自信が無いのですが、いつか挑戦したいですね。
2015年01月18日 00:06
こんばんは。
ついに完成おめでとうございます。
立派な客車でとても素敵です。
是非参考にさせていただきます。
牽引機関車はED75なんですね、
個人的はSLが似合いそうですが。
昭和の良き時代が再現できそうですね。
お疲れ様でした。
2015年01月18日 11:50
こんにちは、初めまして。
いつも気持ち玉ありがとうございます。
素晴らしい客車に感動しています!
見事です…
かなり勉強になります。
我輩もNゲージを細々ながら始めました。
貨物列車が好きなので貨車から勉強中です。
旧型客車もやってみたいと思います。
今は出戻りモデラーで飛行機模型でリハビリ中です(汗)
また遊びに来ます。

2015年01月19日 00:02
839さんこんばんは。

ありがとうございます。製作記はかなり過程をすっ飛ばしておりますが参考になれば幸いです。
東北本線で昭和40年代とそれほど古くない時代の仕様なので牽引機はED75かED71かなぁと思っております。
まぁ蒸機自体は詳しくないのでよくわからないというのもあるんですが・・・w
蒸機に似合う客車もいつか製作してみたいですね。客車の全盛期とも重なりますし。

嬉しいコメントありがとうございました。
2015年01月19日 00:16
千葉ンプさんこんばんは。
こちらこそいつもありがとうございます。

私も実は飛行機兼業なので(もう何年も作ってませんけどw)貴殿のブログはいつも楽しく拝見しております。
貨車とは渋いですね。貨車業界もかなりかなり奥が深い分野のようなのでこっち方面の記事も楽しみにしていますね。
客車も是非やっていただければと思います。

ありがとうございました。私もまた遊びに伺いますね。
2015年01月25日 13:02
遅ればせながら・・・(汗)。
完成おめでとうございます!
安定の秀逸なクオリティーですね!カッコイイです!
塗装の肌も美しくて見入ってしまいました。

オハ41の広窓+ロングシートの組み合わせ、魅力的ですよね。オハ41が上野まで・・・しかも臨時とは言え急行で?・・・おおらかな時代であっても払い戻しモノです(笑)。仰る通りで床にカーペットでも敷いてゴロ寝車にしていれば元祖になったところですね。

TOMIXのスハ43もKATO現行品と同様、窓枠がガラス側に表現されているところが気になっておりましたが、キッチリ塗り直しをすれば全く気になりませんね。良い作例を拝見させて頂きました。手ブレーキハンドルもとてもイイ雰囲気です!

次作も楽しみにしております!
2015年01月26日 23:56
配給電車さんこんばんは。
コメントありがとうございます。

塗装は下地処理や艶の調整も含めて毎回手探りな感じですが、なんとなく解ってきたような気がします。まぁ一発で決まることはあまりなくて、修正がそれなりに出来るようになったということですが・・・w

オハ41は個性的な車が多いので編成に変化が付け易く、地方の通勤列車に重宝しそうですね。
臨時急行の件は実際のところどうなんでしょうね?ネタとしては面白いですし当時の国鉄なら有り得たのかも・・・とは思わなくはないのですが。
オハ60が臨時急行に入った例は実際にありましたけど、オハ41とどちらがマシなんでしょうね?w

TOMIXのスハ43はデッキ扉で台無しになっていますが、元の出来はモールドも繊細で凄く良いんですよね。
KATO製だと細部の表現が大味で違和感がありますが、TOMIX製はキングスの客車ともわりと自然に編成が組めますので今後も増備の対象になりそうです。
スハ32やオハ35もこのくらいの完成度なら良かったのですけどね・・・。

ありがとうございました。次作も頑張りたいと思います。
2015年02月11日 15:13
こんにちは。はじめまして。

気持ち玉ありがとうございます。こだわりの道を持っておられるようで羨ましく思います。UPしている写真もすばらしくピントをどこに合わせているか一目でわかりますよね。このような写真を撮るとき全体を取ってしまい中心がぼやけてしまうことがしばしばです。

ちょっとずれたコメントになってしまい恐縮ですが、また遊びに来ます。
2015年02月12日 00:59
アクタさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

対象が小さいので撮影はなかなか難しいです。安物のコンデジですが、もう少し被写界深度を考慮して買えばよかったかなぁと。

ありがとうございました。またお越しくださると嬉しいです。
2015年02月28日 13:18
オハ41が急行に組み入れられたお話、もしかしてロングシート化される前の、オハ55では?とも考えてしまいました。
2015年03月02日 00:29
マユ35さんこんばんは。
コメントありがとうございます。

オハ55やスハ50などの格下げ客車も臨時急行に組み込まれた例はもちろんあったことと思います。ただ、わざわざ話題になったのはオハ41のような客車としては変わった車輌が急行に?ということだからではないかと思うんです。
まぁ実際に組み込まれたか、真偽のほどはわからないのですけどね・・・。

この記事へのトラックバック