鉄道博物館に行ってきました

今更ですが24日に行ってきました。開館からもう何年も経ってますが行ったのは初めてです。東京から近いしその気になればいつでも行けたんですけどね・・・。
画像
画像
画像
中央の転車台にEF55が展示されていて、一日二回回転実演があります。EF55って流線型が流行った時代の異端機関車という認識しかなかったですが(ファンの方ゴメンナサイ)こうして見るとなかなかカッコイイですね。何よりぶどう色2号に塗られた車体がとにかく美しいです。
他の車輌も上から見下ろせるというのは良いですね。細部がよくわかります。
3枚目の蒸機はC57 135で、EF55の前に転車台の主だったそうで。




画像
上から見てると目が行ってしまうのがやっぱりED75w僚機が今も現役で、このブログでは登場回数がやたら多い機関車です。しかし何故ヘッドマークが海峡なんでしょうね。反対側のマークはあけぼのですが、やはりこの機関車にはあけぼのかゆうづるが似合います。




画像
国鉄の鋼製客車は隅の方に展示されていて全体像を撮るのは難しいので細部のみ。これは二重屋根客車オハ31のアンチクライマの出っ張り具合と前端の後退角(妻面後退角との差)を確認するため撮影。ツナギ箱の出っ張り具合も分かります。製作途中のスハ50もさほど間違っていなかったようで一安心。
私は二重屋根客車の詳細な資料を持っていないんです。車輌史編さん会の一万円本買っとけば良かったなー。




画像
オハ31は車内にも入れます。背摺りの低さがよく分かります。実に良い雰囲気ですがちょっと明るすぎですね。




画像
こちらは丸屋根車マイテ39妻面。梯子のある部分の標識灯掛けだけ他より出っ張っています。現役スハフ32では円板を引っ掛けていることも多いのでちょっと確認しづらかったりしますね。




画像
画像
こうして見ると、やっぱりKATOのボンネットは太いよなぁと思ってしまいますが・・・。




画像
ミニ運転列車も乗りました。大人だけで乗るのはちょっと気恥ずかしいのですがw自分で運転できるので結構楽しいです。私が乗ったのはE233系でした。
内回り線が地上信号、外回り線が車内信号で、前者の方が面白いように思いましたが、これはまぁ好みでしょうか。

今回の目的のひとつはライブラリで資料閲覧することだったのですが、残念ながら平日は要予約だそうで。そういえば万世橋の交通博物館もライブラリは土日のみだったなぁと(学習してませんね)。
他にも今回は見れなかった展示が多いし、何より楽しかったので、また近いうちに来なくてはなりませんね。




画像
大宮駅でむすび丸氏に遭遇。氏を見るのは4月の仙台以来久しぶりですが、相変わらずあざといですw
ではまた。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



描かれた動物・植物—江戸時代の博物誌 国立国会図書館特別展示
国立国会図書館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 描かれた動物・植物—江戸時代の博物誌 国立国会図書館特別展示 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2016年06月27日 19:36
うんさん、こんにちは。
いや~。
イイとこ行ってきましたね~。
初めて写真を拝見した時は、名古屋のリニア鉄道館かと思いましたが、こんな所もあったんですね。
こういった博物館って、鉄道だけにとどまらず、車や飛行機なんかも間近で見れるのは感動しますよね。
ミニ鉄道運転体験もかなりひかれます。
一度は行ってみたいですね~(^o^)丿
2016年06月29日 23:04
やっちゃんさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

あ~名古屋のリニア鉄道館ですか。あそこも良さそうですよね。そちらからは近そうですが行かれたんでしょうか?

あとは最近できた京都の鉄道博物館とか。他にも行きたいところはかなりありますw
ミニ列車楽しかったですよ。平日なのに混んでて驚きましたが。シミュレータもそうですが自分で動かすものはやはり人気ありますね。

この記事へのトラックバック