トミックス24系「さよならあけぼの」セット その2

前回の続きです。


オハネフ25 202
画像
微妙な折妻の200番代です。
窓下2本の金帯はモールドの上に金色が入ってますが、モールドの無い部分にも帯が通しで入っているため違和感があります。カトーのカニ24 511もこんな感じでしたが、全ての金型をイチから起こせるわけではないので仕方ないのでしょうね。
幌吊りは相変わらずありません。オハネフの顔くらいにはあっても良さそうな気もします。


オハネ25 220・オハネ25 152
画像
2輌とも同じ形態です。
オハネ25の100番代に個体差は無さそうですね。強いて言えば非常口の閉塞跡くらいでしょうか。Nゲージで無理に再現することもないですが。
こちらも帯のモールドがありますが、オハネフほどの違和感はありません。


オハネフ24 10
画像
金帯引き戸のオハネフ24です。このセットの目玉ではないかと思います。良く出来ています。
一番下の金帯を妻に回り込まないよう短くしてオハネフ24 12にしてみるのも印象が変わって面白いかもしれませんね。ゴロンとマークのインレタがあればもっと遊べるのですが(某社から出てはいるんですが、アレな出来で使えませんでした)。

画像
相変わらず良い顔してます。
ブレーキ管やジャンパなど実物はもっとゴチャゴチャしてますので手を加えたくなります。


EF64 1031・EF81 138
画像
安定した出来です。トミックスは電気機関車が巧いです。
手を加えるつもりなので付属パーツはまだ何も付けてないですが、ナンバープレートと銘板はかなり安っぽくてこのまま使う気にはなれません。
EF64 1031のランボードはカトー製と色が違っています。プラパンタは壊れやすいと思ったことはないんですが、シューの間が抜けていないのはちょっと嫌ですね。

画像
ヘッドマークは2種類。縁の色が金(長岡)と銀(青森)という違いのほかに青の色調も僅かに異なっています。センターがズレているのは少し残念ですが。
長岡のマークはサイドがグレーなので塗ると良いと思います。
何年か前にEF64 1001があけぼのを牽引した時は田端のヘッドマークだったと思いますが、これもまた違う色でしたね。




サラッと書き散らすレビュー的な何かは以上です。お付き合いいただきありがとうございました。
感激するというほどではありませんが、普通に素敵な良い製品だと思います。
あくまで「素材」としての見方だったりしますのでレビューとして的外れな点もありますがご容赦ください。
いずれは「さよなら北斗星」セットも出るのでしょうけど、お値段が凄いことになりそうですねぇ…。


ではまた。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2014年09月01日 23:45
こんばんは、2回に分けて掲載された記事、楽しく読ませていただきました。
私もトミックス24系「さよならあけぼの」セット、欲しくなりましたが我慢します。
トワイライト、日本海、あさかぜ、それらは購入しました、一応びわこ線を通った列車のみをコレクションすることに決めていますので、、まだまだ他にも東海道線を西に向かって走ったブルトレはいっぱいありますが、もうこれ以上集めることはできません。
2014年09月03日 00:18
OTSUKYONさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

たしかに、欲しい物全てを買うことは出来ませんよね。
買うつもりがなかった方にとってメーカーサイトなりブログなりの新製品を扱う記事というのは目の毒だったりするわけで、その点はなんだか申し訳なく…w
私も客車と機関車のみに絞ってますが、それでも置く場所が無いので欲しい物の1/3程度しか買えなかったりします。
2014年09月04日 04:42
うんさん、こんにちは。
私は客車が欲しくても、欲望に負けてM車ばっかり買ってましたのでほとんど所有してません(^^ゞ
HOでもブルートレインを再現してみたいのですが、お値段が結構するんですよね。
頑張って揃えてみたいです。
2014年09月07日 00:30
やっちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私はNしかやってないのでHOは正直羨ましいのですが、お値段の桁が一つ違ってしまいますね。
さらには走らせる場所も…ですが、HOブルートレインのフル編成なんて壮観でしょうね。

この記事へのトラックバック